<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院&薬パニック!
秋になってパパとママの人間ドックから始まって
ことりの長引く咳と鼻水。
引き続きすずの咳&鼻水&発熱。
そしてママの人間ドックで要検査と言われた大腸検査。
あ、そうそうママは歯医者にも通ってた☆

とにかく今秋は病院三昧。

病院に行く日と、子供たちに飲ませる薬をそれぞれ間違えないように
ママの頭の中はパニック状態よ
まず。。。
ママの大腸検査ですが、結局何も問題ありませんでした。
でも検査をするまで『もし癌だったらどうしよう・・・』とか
考えなかったわけでもなく落ち着かない日々でした
しかも大腸検査って大変だってウワサで聞いていたし
前日からおかゆとかしか食べられなくて
自分で用意しても良かったんだけど、子供たちにご飯作っていたら
ついついつまみ食いしてしまいそうだったので
病院の売店で検査食のセットを購入して
それだけを3食たべるようにしました。

当日は朝から病院入りして、まずーーーーーい薄い塩水みたいのを
2~3時間かけて2リットル飲んで腸の中をキレイにしました。
初対面同士の約10名が同じテーブルで2リットルの水を目の前にして
ひたすら飲み続ける光景は何とも異様で居心地が悪かったけど
時間が過ぎていくうちに、年代を超えて仲間意識みたいのが芽生えて
最後はお互いを励ましていましたね~

ちょうど母親と同年代の女性は、自覚症状(血便)があり
すでに胃カメラも飲んでいて今回の大腸検査に臨んだとの事。
とても上品な方で、私と同年代の息子さん夫婦には
心配かけたくないと自覚症状の事も検査の事も内緒にして来ていたそうです。
でも、とっても不安な様子だったので、私が言うのもおせっかいだと思いましたが
子供の立場として、息子さんには伝えた方がいいですよ~と声をかけました。

はたまた80近いおばあさんは元々ポリープがあるので定期検診との事。
何度も検査はしたことがあるようですが、この日は血圧が高く気分が悪い。。。と。

私より若そうな女性は大きくなったポリープを取り除くため
近々1週間の入院をして手術するため事前検査だったようです。
慣れた様子で物凄いスピードで2リットルの水を飲んでしまいました

そしてそして、、、、
30分経っても、1時間経っても2リットルのお水を口にしないで
ずーーーーっと言い訳ばかり言って看護婦さんを困られているおじさんも
看護婦さんが何を言ってもダメ。
結局みんながお水を飲み終わって、いよいよ検査服に着替えましょうという頃。
ようやく動き出しました。

そしてまだまだ、、、
最初の一杯を飲んでから、どこかへフラフラと出て行って
お昼になっても帰ってこない人もいましたね~

なんだか数時間の間に様々な人間模様が見られました。
私は1番に検査をして先に帰ってしまったので
他の方たちの、その後はわかりません。
あの上品なおばさまは、どうしたかな~
一人で抱え込まないで治療に専念できてるといいけど。

とにかく検査は無事終わり、その場で問題なしと太鼓判を押されたので
しばらくは安心して日常生活が送れそうです


そして子供たち・・・

ことりは以前から風邪を引くと咳と鼻水だけが長引くのですが
病院にいったら前回と同じく 『アレルギーだろうね~』 と言われ
喘息のお薬など3種類を飲んでいました。

すずは、、、発熱後すぐに下がり咳も鼻水もおさまっていたので
医者にはいかず様子を見ていたんだけど
バーベキュー大会があった翌日あたりから
夜中眠れないほどの咳と鼻水がぶり返しようやく病院へ・・・

すると 『中耳炎だね』 とキッパリ。
耳鼻科の紹介状を書いてもらい、改めて耳鼻科へ。

すると 『膿が出そうなほど赤く腫れてるよ』 と言って
私に耳の中を見せてくれました。
大暴れするすずは看護婦さん3人がかりで手足を押さえられ絶叫してました☆

とにかく耳に入ったバイ菌を殺すために抗生剤を処方されましたが
これが苦いのなんのって!!!
一応苦味を抑えるためにコーティングされてるみたいだけど
酸味があるものに混ぜたりするとコーティングが取れて苦味を増すそうで
混ぜものも限定。

そこから2週間。
すずと私の 『お薬大戦争』 が繰り広げられました。
最初は市販の苦いお薬用のゼリー状のオブラート。
可愛いパッケージですずも気に入ってたかのように見えましたが。。。
ゼリーを器に出した途端に拒否反応。
最後は無理やり口に押し込んだら
チョコレート色のゼリーが顔や服について大変なことに。

ぜりーは使えそうにないので次は甘~い練乳がいいらしい!
ということで、まずはチューブから出したものをことりに舐めさせ『美味しい~♪』
案の定、すずも口を開けてきた(笑)
よし!つかみはOK♪
と思ったら。。。薬が入ったものはなぜかわかるらしく断固拒否。
続いて試したのが濃厚バニラアイス。
これも最初はいいけど、すぐにばれて途中で拒否。
最後はパパに押さえてもらって無理やり口を開けさせ飲ませたら
オエーーーッ!とその前に飲んだ薬もご飯もみんな吐き出した


まぁ~そんなこんなで、そこまでして飲ませるべきか?
と疑問に思った私は先生に相談の電話をしました。

ところが先生は
『今ちゃんと飲ませないとひどくなって難聴になる危険もあるから
抗生剤を飲めないなら入院して点滴する事になるよ~。
日本で難聴の子どもが少ないのはイイ抗生剤をすぐに処方できるからなんだよ。
大変だと思うけど頑張って飲ませてあげてね~』
と説得されて私も心を決めて、すずとの駆け引きを続けました。

1週間後の診察ではイチゴ味のシロップに変えてもらい
改めて挑戦するも、おいしいはずのイチゴ味でも悪戦苦闘。
コップや混ぜるものやシチュエーションまでも
必死で演出して飲ませ続けたのです。

そして先週の金曜日。
診察するとだいぶ良くなってるようで抗生剤を卒業することができました
あとは痰と鼻水をきるお薬だけです^^
これは何とかごまかせるので問題ないでしょう♪

あとひと踏ん張り!!!
頑張って治さなきゃね!!!

↓ランキングに参加中♪応援クリックお願いします

読んでくれてありがとう
Secret
(非公開コメント受付中)

小さい時はいろいろな病気すのよね~聞いたことも無い病名なんかにも・・・ここ数年はこれといって子どもたちも丈夫に育ってくれて中2になる長女は小5あたりから病気知らずで学校も皆勤賞?です!小4の長男もここ2年間同じく皆勤賞?小学校に入ったあたりから丈夫になって看病もなくなりちょっと物足りない感じ・・・
早くよくな~れ!ママがんばれ~!
コメントありがとうございます^^
♪kaiさん
うちは二人とも結構丈夫で風邪をひいても殆ど発熱はせず
突発性発疹もやらずじまいでした。
なので病院通いも薬も慣れてないんですよね><
でも中耳炎はお友達もみんなかかってるみたい。
確かに私自身も幼稚園の年少の頃はたくさん風邪をひいてお休みをしたそうです。
小学生になれば鼻も上手にかめる様になって中耳炎にもなりにくいかな?!
kaiさんの息子君たち丈夫にすくすく育って良かったですね!
でも物足りないって・・・(笑)
男の子は特に、大きくなると母親の手から離れてしまうから
余計に寂しいのでは?i-278
▲pagetop


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Pagetop
プロフィール

ままっぷ

Author:ままっぷ

長女・ことり・6歳
次女・すず・4歳
ママとパパは
アラフォー世代真っ只中!

約1年ぶりにブログ更新です!
記事によって
パスが必要になりますので
ご了承ください☆
2010.7


現在の閲覧者数:

*ちょっと一息*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。